Copyright ©2019行政書士SAI法務事務所All Rights Reserved.

​相続Q&A
​※被相続人=相続財産を遺す故人のこと
​Q.相続は、いつから開始するのですか?
A.相続は、原則として被相続人が亡くなったことを知った時から開始します。
Q.相続人になれる者は?
A.民法で「法定相続人」が定められており被相続人に配偶者がいれば、配偶者は必ず相続人となります。
その他に直系卑属(子・孫など)、直系尊属(親・祖父母など)、兄弟姉妹が状況により相続人となります。
ご自分のケースを確認したい場合、当サイトの「法定相続人確認ツール」をご利用し不明な点はお気軽にご質問ください。
Q.相続の承認の種類とは?
A.単純承認~相続財産の全てを相続する方法。
  限定承認~相続財産に負債があれば弁済したうえで、プラスがあればその分だけ承継するという方法。
​  放棄~相続権自体を放棄することで、相続人としての全ての権利を失わせる方法。
以上、いずれかの選択を相続開始を知った時から3か月以内に行わなければなりませんが、事情により家庭裁判所への申し立てにより期間の伸長が可能です。
Q.代襲相続とは?
A.被相続人の子が相続人となる場合に、その相続人となるべき子が既に亡くなっていれば更にその子供(被相続人にとっての孫)が相続人となります。
また、兄弟姉妹が相続人となる場合も同様に、相続人となるべき兄弟姉妹が亡くなっていればその子供(相続人にとっての甥・姪)が相続人となります。
​これを代襲相続といいます。
Q.遺留分とは?
A.直系卑属(子・孫など)や直系尊属(親・祖父母など)が相続人となる場合、必ず一定額は相続できるよう保障されており、これを遺留分といい、この権利が認められる者を遺留分権利者と呼びます。
遺留分の額は、法定相続分の1/2と定められており、各遺留分権利者は、遺言や贈与等のいかなる理由であってもこの遺留分の額を侵されれば遺留分侵害請求権(旧:遺留分減殺請求権)を行使することで遺留分侵害額を取り戻すことができます。
尚、放棄した者は、遺留分権利者としての地位も失います。
Q.借金も相続しなければならないのですか?
A.「限定承認」や「放棄」をすることで負債は承継せずにすみます。
ただし放棄は単独で行えますが、限定承認は相続人全員で行わなければならず、各相続人が単独で行うことはできません。
六法