​この場合の法定相続人は、配偶者のみとなり、相続財産の全部を配偶者が相続することになります。