Copyright ©2019行政書士SAI法務事務所All Rights Reserved.

​この場合の法定相続人は、配偶者となり、相続財産配偶者と子で1/2ずつ分けることになります。

ただし、子が複数いる場合、子の相続分を更に子の人数で割ることになります。

例1)相続財産6000万円で相続人が配偶者と子1人の場合

 →配偶者3000万円・子3000万円

​例2)相続財産6000万円で相続人が配偶者と子2人の場合

 →配偶者3000万円・子1人当たり1500万円